胃腸が口臭の原因

胃腸が口臭の原因に!

 

 

口臭の原因と言うと、歯磨きをちゃんとしていないから…など、
「口の中に原因がある」というイメージがあります。

 

 

ですが実際には、毎度きちんと歯磨きを
していても口臭が発生する場合も多いものです。

 

これは口臭の原因に様々な体調不良が
関わっているからですが、その中でも胃腸の
トラブルが口臭の原因になる場合がとても多いのです。

 

 

消化不良を起こしてしまい、頻発するゲップがとても臭い、
腐敗臭がする、という場合があります。

 

胃腸の消化機能が正常に機能しておらず、
消化しきれずにストックされてしまった体内の食べ物が
徐々に腐敗し、それが悪臭を発するガスになって
臓器内や体内にこもっている、という状態です。

 

 

このガスが上昇して口から出ればもちろん、
口臭の原因になります。このように、胃腸の不調が
原因で口臭が発生することは多く、長く続くようで
あれば単なる食べすぎ・飲みすぎだけではなく、
その他の内臓にトラブルが生じていることもを疑った方が良いでしょう。

 

 

こういった胃腸の不調が口臭の原因になっている
ケースでは、まず日頃の食習慣をあらため、胃腸に
極力優しい献立に切り替える対策をたてましょう。

 

 

腸内環境を整えるために、酵素をたくさん含む生野菜や、
発酵食品などを継続的にとって、胃腸を強くしていく対策がおすすめです。